厄介な汗と健康との関係

よく汗をかく私は、化粧が崩れやすく、ちょくちょく直していました。 そんな私は以前、夏場に汗をかかない人は、爽やかに見え、化粧崩れも気にならないので「いいな」と思っていました。 しかし私たちは、汗をかくことによって体調を整え、維持し健康を守ることができます。 汗をかかないと、体調に悪影響を及ぼす恐れがあり、注意が必要です。

汗をかけばかくほど、体内に溜まっている老廃物や毒素が排出され、解毒を意味する“デトックス効果”高まり、体内がきれいになります。 さらに、“デトックス効果”によって、ダイエット効果や美肌効果も得られます。 汗をかかず、老廃物や毒素が長時間体内にとどまると、血液を通してさまざまな臓器に伝わり、体に悪影響を及ぼします。

仕事や人間関係などがうまくいかず、過剰にストレスを感じてしまうと、精神的に不安定になり、体調も崩してしまうだけではなく、悪い汗もかいてしまいます。 汗をかき、健康な体調を維持すると、ストレスや病気に対する抵抗力が身につき、精神面や健康面によい効果をもたらします。 

汗をかかない人ほど、血液がドロドロになり、脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化などにかかりやすくなってしまいます。 汗をかくと血液がサラサラになることに加え、血行促進効果も高まり、脳梗塞などの病気のリスクも減少します。 

プランテルのレビュー

体調を整えるための汗には、“よい汗”と“悪い汗”があります。 
ミネラルや塩分など、必要な成分を体内に残し、水分だけを排出した“よい汗”の特徴は、サラサラしていることです。 汗の粒が小さく、サラサラした“よい汗”は、雑菌が繁殖し難いため、嫌な臭いもありません。
一方厄介な“悪い汗”の特徴は、嫌な臭いがあることです。 さらに、水分と一緒にミネラルや塩分も排出されているため、しょっぱい味やべたべたした大粒の汗が出ます。 雑菌が繁殖しやすい“悪い汗”をかく人は、食生活や、睡眠不足、運動不足などの生活習慣を見直し、改善する必要があります。

簡単にできる腕立て伏せや、背筋、腹筋などの筋トレを毎日続けると、効率よく“よい汗”をかくことできます。 筋トレを毎日続けると、筋力がアップし、基礎代謝と脂肪燃焼効果が向上するため、汗をかきやすくなります。

以前、私は汗を厄介に思っていましたが、“よい汗”をかくことは、体調を整え、維持するためにはとても大切なことです。 効率よく“よい汗”をかくために、筋トレを続け、健康な毎日を送りましょう。